工場見学

IMG_1394.JPG

​暁工場正門の風景です。

タイルはオートメーションで生産しています。​

​暁工場正門風景

DSC_0670.JPG

原料工程

原料鉱山より厳選された原料を使い

​主に6社の原・顔料メーカーより当社独自の指定調合で加工された原料製品を、厳しい基準の受入検査に合格したもののみ入荷しています。

​原料鉱山

IMG_1562.JPG

​原料製品

IMG_1512.JPG

原料製品

​入荷された原料をコンベアで次工程である成形工程へ搬送します。

成形工程

​原料を油圧プレスでタイルの形に高圧加圧成形します。

1500tが1機、1000tが3機、600tが2機、250tが2機、180tが1機、50tが2機のプレス機で試作から実機生産までを行っています。

1500t油圧プレス

​主に600㎜×300㎜、400㎜角、300㎜角の成形をしています。

​1500t油圧プレス

IMG_1342.JPG

1000t油圧プレス

主に100㎜角、150㎜角、200㎜角、300㎜角の成形をしています。

​1000t油圧プレス

IMG_1553.JPG

600t油圧プレス

​主に300㎜角や長尺系など様々な形状を成形しています。

600t油圧プレス

IMG_1540.JPG

250t油圧プレス

​主に垂れ付き役物など特殊な形状を成形しています。

250t油圧プレス

50t試験用プレス機

50t油圧プレス

​原料の受入試験や様々な試作成形をしています。

50t油圧プレス

IMG_1555.JPG

乾燥工程

成形したタイルを乾燥しています。

​ドライヤー

IMG_1417.JPG

焼成工程

​安定した品質を造るため、温度、時間、雰囲気をコントロールし連続焼成しています。

​約60メートルのローラーハースキルンを4本稼働し、様々な色、形状を焼成しています。

​ローラーハースキルン外観

IMG_1359.JPG

ローラーハースキルン内

​1200℃以上の高温で焼成されたタイルが1時間ほどで焼成されてきます。

​ローラーハースキルン内

製品検査

検査工程

訓練された検査者が全数検査し合格品のみを箱詰めします。

​製品検査

検査測定室

品質管理

​生産中の製品を検査測定室で寸法検査、減圧吸水、色測等を測定し品質の管理をしています。

​新JISマーク表示認証

(認証番号JT0408013)

検査測定

IMG_1469.JPG

出荷準備

​注文を受けた製品を出荷先ごとに仕分け作業をしています。

​仕分け作業

IMG_1461.JPG

出荷

​出荷先ごとにパレットで区分けし全国へ出荷していきます。

​出荷